武将像

仏胴具足着用 真田幸村 開発背景






 真田三代を結集した武将、真田幸村

  一五六七年、真田昌幸の次男として生まれる。
 信濃国小県郡の小大名だった祖父・真田幸隆は武田信玄に仕え、
 武田二十四将として名を馳せた。父・真田昌幸もまた信玄の勲等
 を受け、調略・謀略を得意として徳川軍を二度にわたって打ち
 破っている。
  偉大な祖父・父を見ていた幸村もまた、真田の一族として相応しい
 活躍の場を求めた。一六〇〇年、関ヶ原の戦いでは父・昌幸とともに
 西軍に属し、居城・上田城を死守。わずか二千の兵で徳川秀忠
 率いる三万八千の大軍の西上を阻止した。戦後、高野山(九度山)に
 十四年もの間蟄居させられるが、一六一四年、豊臣秀頼に請われて
 大坂城に入城。大坂冬の陣では出城“真田丸”より奮戦し、東軍に
 甚大な被害を与える。翌年夏の陣では、伊達軍を破り家康本陣に
 攻め込み奮戦した。豊臣へ忠誠を尽くし、一六一五年に没。
 四百年以上にわたり、他に類のない英雄として語り継がれる。

  “大坂夏の陣”戦いの終焉
  静謐な座像に幸村の心象を投影


  幸村の存在が無ければ、後世までこれだけ真田氏が広く武家の理想
  と語り継がれることは無かっただろう。
   関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠を足止め、遅参させたことで高野山に
  幽閉となる。祖父・父の才を確かに引き継いでいながら、充分な戦場
  が与えられなかった幸村には、深く鬱屈した思いがあったに違いない。
  幸村には使う術のない戦略が溢れていた。
  その最後に訪れた機会が【大坂の陣】であったはずだ。
  幸村率いる真田軍は、大坂城「真田丸」から圧倒的多数の徳川軍に
  寡兵で立ち向かい、家康本陣にまで迫る驚くべき奮闘をみせる。
  苛烈な戦いに挑んだ幸村に思いをはせると、歴史に名を残すに充分
  な功績を立てた誇らしさと充足感、それと共に人の運命のはかなさが
  交錯する.。



      

  作家 / 海野 宗伯(うんの そうはく)

  1962年生まれ。
  幼少時より日本の伝統美術に深く興味を持ち、美術研究と古美術
  取集を行う。その後、日本美術の中でも特に戦国安土桃山期の
  造形美と思想に魅せられ、禅、茶道や水墨・金壁障壁画をはじめ
  甲冑・武具・装束など日本文化に多大な影響をもたらした戦国大名
  に特に興味をもち徹底した研究と資料収集を行う。

  90年代頃より安土桃山の造形美を求めて甲冑や武将像の制作を
  開始。日本を代表する甲冑師・三浦公法氏に依頼し、共に世界で
  初めてとなる本物と同素材・同製法による幸村1/4創作鎧を完成。
  のちに精巧な鎧装束の武将彫像作品を制作する。
      【略年表】―――――――――――――――――――――――――――――――――――

      1990年頃より  戦国安土桃山期を中心とした思想が反映された造形美を求め、武将像や甲冑、着物、漆器等の
                 独自制作を開始。

      1997年      日本を代表する甲冑師・三浦公法氏に依頼し、世界で初めて当時と同様の製法と素材により1/4
                 創作鎧「織田信長」を制作完成させる。その後、創作鎧「上杉謙信」「武田信玄」「真田幸村」を順次制作。

      2000年       鎧の制作に並行して新たな武将像を求め、武将の人体の彫刻から研究し戦国武将像の制作を開始。
                  戦国武将等の絵画制作を開始。

      2002年      織田信長、真田幸村・伊達政宗の武将像プロトタイプを順次制作完成、発表。

      2007年      面頬を輪島漆の装飾で飾る面頬シリーズや桃山の造形美を求めた漆器、茶器を制作。

      2013年      仏画の制作を開始。

      2015年      真田幸村を中心とする戦国造形美の企画展展開を決定。

      2016年       1月12日~大阪タカシマヤにて第一期企画展開催。

     *過去実績     大丸東京店(美術画廊)、銀座松坂屋(美術画廊)、日本橋丸善(美術画廊)などにて企画展開催



【創作甲冑】 真田幸村 / 甲冑師 三浦公法 作
(社)日本甲冑武具保存協会 (元)専務理事/(現)顧問

  制作への思い

  真田は夏の陣において、家康本陣の旗を倒す程に奮戦した。
  家康本陣の旗が倒れることは、三方ケ原以来ないことで、その戦ぶり
  は敵方でさえ「真田、日本一の兵」と称賛した程。まさに武功によって
  名を残したのである。しかし、幸村について研究を行うにつれ、伝記や
  小説に描かれる猛々しいイメージとは違った繊細な人間像や、戦術と
  用兵に長けた冷静な武将の姿が浮かび上がって来た。
  あえて戦う像にしないことで、より真実の幸村に迫る像にした。

   日本の甲冑技術は、世界で高い評価を得ていながら継承に問題を
  抱えている。作品制作にあたり、当世具足の第一人者で甲冑師の
  三浦氏に協力を依頼、1/4サイズで本物の鎧と全く同素材・製法
  を用いて鎧を制作し造形の基本とした。
  現存する確実な資料を頼りに、鎧本来の構造を正確に再現した像となる。
  鉄・漆・革など複合素材を用いる日本の鎧ならではの質感も多くの技術
  と時間を費やし精巧に再現した。この立体彫像はそれら日本の技を、
  美術作品として後世へ残すものと考えている。
                                   作 海野 宗伯





      仏胴具足という呼び名は仏像の滑らかで継ぎ目のない胸に似ていることから由来する。
      鉄砲の弾や槍を受け流しやすく、実戦向きとして戦国期によく用いられた。真田幸村の装束は現存資料の他、真田氏が
      後に仕えた武田一族の高位の武家に残される鎧などを複合的に研究して参考としている。また、一部幸村のイメージ
      を重要視してオリジナルの創作・装飾も加えている。




      【 造 形 】
      立体造形は絵画など平面物に比べ、はるかに制作が難しい。
      造形の各部を歪みなく正確に複製し、磨き、形を整え、組み、彩色する。その工程は膨大で、時間はもちろん、職人の
      技術も必要となる。鎧装束のしっかりとした考証的見地を備えた正確な彫刻作品という点において、本作は他に類がない。
      またこれだけの鎧を細部にわたり精巧につくり上げる技術も含め、美術品として、また工芸品として価値ある作品と言える。


      【 彩 色 】
      真田の赤備えとして有名な甲冑を、独自の赤で彩色した。同じ赤の中にも幅広い色調と質感の変化をつけており、
      まとめ上げる高度な彩色仕上げは、作家の技術が如何なく発揮されている。瞳の描き入れ、また兜の装着、紐結いなど
      すべて手仕事。幸村像の目には生命感を宿す輝きを再現。その一作にかかる制作時間はおよそ40時間におよぶ。


      【使用素材】
      
【彫像素材】 ポリストーン(合成樹脂/石粉)

人工石とも呼ばれるポリストーンは、欧米で美術品・室内装飾品に用いられる素材。
重さや質感は石に似ており堅牢で、熱変形に強く、長期にわたり保存性・形状維持に
優れている。当社では、流動性の高い最高品質の素材を用いて制作をおこなっている。
それにより、鎧の細部の造形まで、精巧な再現が可能となる。最高品質の素材を使用。



      工房にて少数手作りされる幸村像化粧箱には、限定制作のシリアル番号入り。
      けっして大量生産できない、限定制作であることを示している。





    仏胴具足着用 真田幸村武将像
    【限定制作50体】


     商品番号 SA-009  販売価格 200,000円(税別)

    ●サイズ  : 約幅29×奥39×高36.5cm(台座含む)
    ●素材   : ポリストーン(合成樹脂,石粉)、紐、金属等
    ●付属品  : 「仏胴具足 真田幸村公」立札、専用化粧箱
    ●製造国  : 日本 /  ●本体重量: 約5kg



    <別売品>真田幸村像 専用ケース
     商品番号 SA-010  販売価格 50,000円(税別)


     埃や破損から作品を守る専用ケースをご用意しました。


      サイズ : 約幅34×奥44×高40 cm(台座含む)
     日本製 (受注制作・約2週間)




善名称院 真田庵
 【真田庵 奉納作品 ”仏胴具足 真田幸村像”】

 「真田庵」は 善名称院 真田庵 とも呼ばれ、真田幸村父子の屋敷跡に
 建てられた寺院。戦国の武将真田昌幸・幸村父子が隠棲した屋敷跡
 として、県の史跡指定を受けています。
 六文銭の紋が刻まれた門をくぐると本堂があり、本尊には地蔵菩薩、
 境内には開山堂、土砂堂、真田宝物資料館や、真田昌幸の墓のほか、
 与謝蕪村の句碑があります。

 本作”仏胴具足 真田幸村像”は境内 真田宝物資料館にて閲覧が
 可能です。


 <善名称院 真田庵へのアクセス>
 南海電気鉄道 高野線 九度山駅より徒歩約10分

 真田宝物資料館  入館料:200円
 (要予約:団体でご住職の案内を希望される場合300円)
 開館時間:午前9時~午後4時(年末年始以外無休)



  【東京・日本橋事務所で実物作品をご覧いただけます】

  (株)謙信 事務所にて実物作品をご覧いただけます。
  事前閲覧はご予約が必要です。下記予約メールボタン、またはお電話( 03-5299-5617 : KENSIN事務局 )で承ります。

  ≪閲覧予約 可能時間帯≫  [平日] 午前中 10時~12時まで [土曜日] 営業時間内 10時~18時まで
                      ※閲覧ご希望日時、2~3日前にお知らせください。

     ≪アクセス 最寄り駅≫  JR神田駅 南口より徒歩3分  /  地下鉄 銀座線 三越前駅(A8)より徒歩5分

                                           




戦国武将像 真田幸村 開発背景



 【真田、日本一の兵 と言わしめた名将】

 自らの信念を貫き通した戦国最強の武将のひとり、真田幸村。
 大坂の陣では、宿敵・徳川による大阪城攻めに際し、真田丸で
 圧倒的多数の徳川の大軍に痛撃を与えました。
 突進する真田の兵は数倍の徳川勢を蹴散らして家康本陣に迫り、
 家康は死をも覚悟したとも伝えられます。
 知略と勇猛さを兼ね備えた真田の戦いぶりは、敵方にさえ『真田、
 日本一の兵』と賞賛され、その武名は日本中に轟きました。
 戦にこそ敗れながらも、恩義に厚く、決して裏切らず、戦い抜いた
 真田幸村はまさに武士のかがみといえます。
 槍にからだを預けながら休息または瞑想する、名将の静かな一瞬
 を立体化しました。



   ㈱謙信は、日本に数人しかいない甲冑師の技術を伝承するため、制作過程を記録するとともに、美術工芸品として事業化し
   埼玉県の中小企業庁の「経営革新事業」にも認定されています。 製品開発は1/4スケールサイズの復元鎧の制作からはじ
   まりました。 甲冑師 三浦公法氏の制作協力により、時代考証を経た1/4創作鎧(真田幸村)をおよそ400万円で商品化し、
   これまで十数体を受注により制作・販売を行いました。

  【甲冑具足を制作】
   当時、真田幸村が身に着けたと推測される丸胴型の鎧を、戦国期の鎧と同様の素材(鉄・漆・革など)で当時と同じ手法で
   縮小再現した1/4縮小創作甲冑を制作しました。
   
 【開発協力】 甲冑師 三浦公法氏  
 社団法人 日本甲冑武具保存協会 (元)専務理事/(現)顧問

 日本で数人しかいない甲冑師のひとり。 昭和44年(1969)、日本甲冑
 武具研究保存会より推薦甲冑師の指定授与。昭和50年(1975)、英国
 ロンドン塔王室武具館所蔵、徳川家康より英国王ジェームス一世に
 贈られた日本の甲冑の修理復元を受け、完成し同館に引き渡しました。
 この他各地の甲冑の復元、修復、複製を手がけています。


真田幸村の鎧は伝来が定かな資料が極めて
少なく、真田氏が仕えた武田家に伝来する
重臣の現存資料や信州武将の共通特徴より
丹念に研究を行っています。

古頭形(こずなり)兜
実戦向きとして戦国期に流行した兜の形。
  兜に特徴的な”眉“を打ち出す高度な技術。

驚くべきことに1/4鎧は、実際に装着して機能するか、1/4サイズの人体像に装着させた可動実験まで行っています。



        
   本作「真田幸村 武将像」は、これらの甲冑復元を元にした資料的背景に誰もがいだく幸村の想像・イメージを融合させ、
   オリジナルでつくりあげた武将像です。 本物の甲冑制作を基に造形化して いる当社だからこそ実現できる造形です。

   兜
    【兜 古頭形(こずなり)】
    実戦的な頭の形を模してつくられる本兜では特に“まびさし”部分に特徴的な眉が
    打ち出されています。真田が仕えた『武田家』の信州武将に共通する特徴や、武田家
    の重臣であった武将の保存状態の良い甲冑装束を実際に調査して、それを基に詳細に
    研究を行いました。このような力強い眉の形状をつくりだすには高い技術が必要と
    されます。このような兜は実戦向きであるとして戦国期に流行し、徳川家康、
    井伊直政、立花宗茂、千利休など様々な人物が頭形を原型としてそれぞれ独自の
    装飾を施して変わり兜などとして用いています。

   脇立
    【鹿角(脇立)/六文銭(前立)】

    屏風に描かれる姿や、「大坂の陣で鹿角の兜をかぶり、戦功を立てる…」 といった
    史料が残されていることから、真田幸村が鹿角の兜をかぶり、戦いに挑んだことは
    確かなようです。兜の前立てには”三途の川の渡し賃”とされる、真田家家紋の
    六文銭を用いました。

   脇立
    【十文字槍(じゅうもんじやり)】
    慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗れた真田昌行・信繁父子は、
    九度山に移され長い蟹居生活を送りました。その善名称院(別名:真田庵)の真田
    宝物館に十文字穂先が残されています。

    戦国期・馬上でも使われた長さ1間半(約2.7m)の槍をイメージし、32cmもの迫力の
    長さの槍を幸村像に付属させました。



【全ての工程を職人の手仕事で作り上げます】

真田の赤備えをイメージし、陣羽織には鮮やかな朱赤と金の六文銭
を採用しました。甲冑全体も抑えた暗めの朱色を基調とし、人物も
ダークトーンで丁寧に1体ごとに手作業の熟練した技術で仕上げて
おります。インテリアとしても場所を選ばず、造り込まれた丹念な
造形と彩色で長期の鑑賞をお楽しみ頂けます。

本像は2種類の彩色仕様からお選びいただけます。
鮮やかな朱色を用いりながら飽きの来ない落ち着いた「彩色版」。
アンティーク・ブロンズ調の単一彩色、まるで鋳造された彫刻作品
のような「古色版」。
どちらも精密な造形を活かしながら、高級感のある仕上がりです。

【戦国武将 真田幸村像】          


戦国武将 真田幸村像 彩色版
商品番号:SA-0006
販売価格:48,600円(税込)





戦国武将 真田幸村像 古色版
商品番号:SA-0007
販売価格:43,200円(税込)


  • 2018.06.26
  • 10:32

 



  【天下布武】

   時代の変革期には天才が現れる。
   まさに信長は戦国に突如登場した革命者であった。小国尾張に生を受け、周囲を敵に囲まれて育った。
   だからこそ他のだれもが無し得なかった因習を打ち破り、日本統一という具体像を人々の目の前に指し示すことができた。

   織田信長の登場は、日本史上の大きな転換点であり、その強力なリーダーシップは、四百年以上時を経てなお、現代人を
   惹き付けてやまない。変化が激しい現代を変革の時代と呼ぶならば、まさしく信長こそ、今求められるリーダー像といえるの
   ではないか。軍師を持たず、自らを貫き通し稲妻のように生きた信長の思想や意志までも感じられるような彫刻作品をつくる、
   本作はそのような思いから15年にしてたどり付いた、頂点の作品である。

  【第六天魔王】

   生殺与奪、全ての権限を有した戦国大名は、現代人とは全く異なる絶対者として君臨した。
   手にした権限が絶大であったがために、進化にとって神にも近しい存在だった。


    

作家 / 海野 宗伯(うんの そうはく)

1962年生まれ。
幼少時より日本の伝統美術に深く興味を持ち、美術研究と古美術取集
を行う。その後、日本美術の中でも特に戦国安土桃山期の造形美
と思想に魅せられ、禅、茶道や水墨・金壁障壁画をはじめ甲冑・
武具・装束など日本文化に多大な影響をもたらした戦国大名に特に
興味をもち徹底した研究と資料収集を行う。

90年代頃より安土桃山の造形美を求めて甲冑や武将像の制作を開始。
日本を代表する甲冑師・三浦公法氏に依頼し、共に世界で初めて
となる本物と同素材・同製法による幸村1/4創作鎧を完成。
のちに精巧な鎧装束の武将彫像作品を制作する。



  【監修協力】 甲冑師・三浦公法氏

   (社)日本甲冑武具保存協会 (元)専務理事/(現)顧問

   本像を制作するために、当世具足の第一人者で甲冑師の三浦氏に1/4
   鎧を、本物の鎧と全く同素材を用いて制作していただき、造形の基本とした。
   信長の現存資料は少なく、徳川家康が所有した南蛮胴具足等を参考資料
   とし、極めて精巧な鎧の復元に努めた。信長が南蛮胴具足を身に着けたこと
   は文献にも記録が残されている。



     南蛮胴具足とは、戦国期にポルトガルなどヨーロッパ船によってもたらされ、献上された貴重な甲冑のこと。
     板金技術に優れたこの鎧は、鉄砲に対する防御機能に優れており、日本伝来の鎧と組み合わせ使用された。
     その希少性もあり南蛮胴を身に着けることができたのは、特に高い位の戦国大名だけに限られた。
     キリシタン・宣教師を最初に保護した「信長」こそが、この南蛮鎧を身に着けたはじめての人物ではないだろうか。




     
     【信長の表情】
     本作は面頬の奥に潜む「信長」の表情まで精巧につくり
     あげている。近寄りがたい存在感を演出するため、あえて
     面頬着用の像としている。(兜はお取り外しできません。)


 
 【南蛮兜に面頬(めんぽう)を装着】
 厚い1枚板より板金でつくりだされる継ぎ目のない
 南蛮兜は、戦国期の日本の甲冑技術ではつくる
 ことが出来ない高度なものだった。

     
     【火縄銃】 “からくり”まで忠実に再現
     信長はどの武将よりも早く、圧倒的多数の火縄銃を
     有し戦国の戦い方を変えた。 鉄砲によって天下統一
     を目前とした。 火縄銃を掲げる、この姿そのものが、
     合理的で革新を好む、信長そのものを象徴している。
 
 【鎖かたびら 細部まで精巧に再現】
 甲冑が正確に造られていることはもとより、造形細部の
 完成度まで高いクオリティを備えている。 鉄砲の登場
 により、甲冑はよりからだにそったつくりとなり、動き
 やすさが重視されている。鉄・布・革など、甲冑各部の
 素材感も忠実に再現している。



     【木片練込み技法】
     木片練込み技法により、漆のような、味わい深い色と質感をつくりだす。 素材に特殊な配合で木材を混合することで、
     彩色だけでは出すことができない、鉄錆地のような自然で味わい深い濃淡のある色を生み出す。
     さらに磨きを重ねることで、鎧らしい光沢が生まれ、造形・組上げ・仕上げまで全工程に職人の手仕事が入る。
     手間と時間を惜しまずつくり上げることが、作品に奥行きを与える。

     
     石に近い硬質素材・ポリストーンはヤスリを繰り返しかけることで、金属の質感再現ができる。

     
     鎧の質感を出すための磨き上げ、紐の結び上げなど一作にかかる制作時間はおよそ、30時間にもおよぶ。
     制作はほとんど職人の手仕事となる。

     
     彩色・装飾は、全て職人がひとつひとつ手彩色で描き入れている。


     【マント・胡粉仕上げ】
     マントは、布らしいマットな質感とするため、表面を胡粉仕上げとしている。
     それにより風になびく布の表情がよりゆたかに再現される。【胡粉】は、日本の伝統素材で蛤の殻を砕き、にかわ粉で
     溶いたもの。日本人形の制作にも伝統的に用いられる素材である。
     
     マントの彩色はあえて控え目に上品な紫に。何十年という鑑賞にも、見飽きることなく、お部屋の装飾として違和感を
     感じさせない仕上がり。


 
      【彫像素材/人工石】 ポリストーン(合成樹脂/石粉)

人工石とも呼ばれるポリストーンは、欧米で美術品・室内装飾品
に用いられる素材。重さや質感は石に似ており堅牢で、熱変形に
強く、長期にわたり保存性・形状維持に優れている。
当社では、流動性の高い最高品質の素材を用いて制作をおこなって
いる。 それにより、鎧の細部の造形まで、精巧な再現が可能となる。

最高品質の素材を使用。
およそ30もの型に流し込んで整型し、すべて磨き形を整え彩色し、
寸分の狂いなく組み上げる。



  工房にて少数手作りされる信長像化粧箱には、限定制作のシリアル番号入り。
  けっして大量生産できない、限定制作であることを示している。



  南蛮胴具足着用 織田信長武将像
  【限定制作50体】


  (株)謙信の直営、高品質に特化した少人数のものづくり工房で
  おつくりしています。
  日本で制作した精巧な原型をもとに、直接指導・監修し、型抜きから
  仕上げまで全てを工房内で行い、完成させます。日本国内ではもはや
  不可能となった手仕事を駆使した少量限定制作を行っています。

  商品番号 SA-007  販売価格 200,000円(税別)

  ●サイズ  : 約幅21×奥33×高45cm(台座含む)
            火縄銃 長さ 約43.5cm
  ●素材   : ポリストーン(合成樹脂,石粉)、木材、金属等
  ●付属品  : 「南蛮甲冑 織田信長公」立札、専用化粧箱
  ●製造国  : 日本  *(株)謙信工房
  ●本体重量: 約4kg




  信長学フォーラム
   【第10回 信長学フォーラム -信長公と天下布武-】

    平成29年2月25日(土) / 場所:岐阜じゅうろくプラザ

    *「信長学フォーラム」とは
    平成20年より岐阜市主催で開催される、「信長公」をテーマに基調講演や
    パネルディスカッション等を行うシンポジウム。
    毎年多くの方が訪れるイベントです。

    織田信長公の岐阜入城・岐阜命名450年記念した協賛事業会場にて、
    海野宗伯作・武将像3作品を協力出品いたしました。

    講演を行われた、小和田哲男氏(文学博士・静岡大名誉教授)に
    『南蛮胴具足 織田信長武将像』を寄贈させていただきました。
    小和田先生のオフィスに「南蛮胴具足着用 織田信長像」が
    飾られています。





  

  【東京・日本橋事務所で実物作品をご覧いただけます】

  (株)謙信 事務所にて実物作品をご覧いただけます。
  事前閲覧はご予約が必要です。下記予約メールボタン、またはお電話( 03-5299-5617 : KENSIN事務局 )で承ります。

  ≪閲覧予約 可能時間帯≫  [平日] 午前中 10時~12時まで [土曜日] 営業時間内 10時~18時まで
                      ※閲覧ご希望日時、2~3日前にお知らせください。

     ≪アクセス 最寄り駅≫  JR神田駅 南口より徒歩3分  /  地下鉄 銀座線 三越前駅(A8)より徒歩5分

                                           





Art Kensin会員登録
Art Kensinポイントサービス

送料無料

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント


営業日: 火曜~土曜
定休日: 日曜、月曜、祝日
営業時間:AM11:00~PM17:00

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら


株式会社謙信 事業紹介


ページトップへ