雷門1/50スケールの楽しみ方

 

細部のディテールまでこだわり、全ての工程を手作業で作り上げた「雷門 1/50スケール」を、
インテリアや観賞用としてだけではなく、様々な角度から楽しみ方や魅力をお伝えいたします。

 

カメラ越しに見ると、まるで自分がミニチュアの世界に入り込んだような感覚に。ミニチュアサイズの視点で「雷門 1/50スケール」の世界を見てみましょう。

雷門とは

風神・雷神が守護する浅草寺の総門

 

風神・雷神(風や雷を司る神様)

雷門には風水害からの除難として、また天下泰平、五穀豊穣への祈願を込めて
風神・雷神が祀られています。(左図・雷神/右図・風神)

 

天龍・金龍(水を司る龍神)

風神・雷神の背面には天龍と金龍の像が。浅草寺では「龍神は仏教徒を守る」という
信仰に基づき、雷門を守る神として奉納されています。(左図・天龍/右図・金龍)

幾度となく大火に見舞われた雷門への更なる想いでしょうか。

また、龍が人の姿をしていることに見立てたことから、それぞれの像には龍の尻尾がついています。「雷門 1/50スケール」ではそこも再現しています。

 

 

仲見世通り視点から見た雷門 

 

提灯の底に施された龍の刻印も再現

 

 

 

カメラ越しに見る雷門の魅力

カメラを通して「雷門 1/50スケール」を見てみますと、飾って眺めている時とはまた違った景色を見ることができます。自分だけのミニチュアの世界を作りこんだり、写真に収めてみたり。または周辺の景色を自分で作ってジオラマを作成してみたりと、様々な楽しみ方が可能です。

自分だけの物語を想像し、展開することができるのも、この作品の魅力の一つとも言えます。

是非あなただけの雷門の世界をカメラ越しに、またジオラマ作成など自由に想像(創造)して楽しんでください。

 

雷門 1/50スケールの商品の詳細はこちらからご覧ください。→≪謙信ウェブショップ