ヒストリカルフィギュアおよびポリストーンについて

ヒストリカルフィギュアとは=歴史そのものである


歴史的人物を精巧に再現した立体像のことをいいます。
中世ヨーロッパの王侯貴族に広がったこのアイテムは、
教養ある大人たちのコレクション”King of Hobby(キングオブホビー)”として欧米で広く人気を得ています。



何故ヨーロッパで人気が広まったのか?

 

何故中世ヨーロッパの王侯貴族に広がったのか。それはイギリスの貴族階級にありました。
武士階級を失ってしまった日本と違い、今も色濃く残るイギリスの貴族階級では
広大な土地を所有し、労働せず裕福な暮らしを送り、庶民にその生活を支援してもらっていました。

しかし、兵を挙げ戦が必要な時は指揮官として戦場に赴き、命を賭して最後まで戦います。
実際、歴代の貴族は全員戦地に出陣している歴史があります。
普段は庶民に生活を支援して貰っている貴族ですが、いざという時は第一線で戦い
時として自軍全ての兵士を逃がすために最後まで残ることもありました。
そのため、市民を守る指揮官として出陣する彼らには、教養として戦術を学んでいる背景がありました。



戦がない間は、悠々自適に暮らし時には本を読んだりゴルフをしたり等と娯楽に興じていました。
そして、その中に「ヒストリカルフィギュア」という遊びがあったのです。
歴史の偉人たちを再現した立体像(=駒)を使用してかつての名将がどう戦ったのか、自分ならどう攻めたか?
ストラテジー(戦術)を勉強していた貴族はヒストリカルフィギュアを通して戦を再現し、シミュレーションして遊んでいました。
また、偉人の戦をシミュレーションすることで自分たちの歴史をプレイしていたのです。


広大な土地を所有しているためヒストリカルフィギュアのためのプレイルームまで用意し、戦場そのものを再現しました。
また美術に対しても関心が高かった貴族たちは自らヒストリカルフィギュアの組み立てやペイントまで行うなど、非常に熱量がありました。
貴族階級でしか出来ない遊びであり、戦術や歴史的人物の知識など教養ある者にしかプレイすることのできない
ヒストリカルフィギュアは、まさに”King of Hobby(キングオブホビー)”の名に相応しいアイテムでした。



日本にも武士階級が存在していましたが、残念ながら明治時代に廃止され貴族における「騎士道」、武士に置き換えるのであれば「武士道」が失われ
その精神がなくなってしまったため、日本では普及しませんでした。
ヒストリカルフィギュアを取り扱うお店は現在も日本にいくつか存在しますが、欧米と比べ認知度も低く、未だその存在を知らない人が多くいます。



(株)謙信は日本のヒストリカルフィギュアの普及(言葉・製品・文化)と浸透を目指し、
2007年より日本で初めて史実や甲冑装束の裏付けのもと、本物のヒストリカルフィギュアを開発・提供しています。

 

 

ポリストーンについて

当社のヒストリカルフィギュアにはポリストーンを用いています。
何故この材質を使用しているのか、特徴やメリットなどまとめておりますので、是非製品をご覧になる際の知識として参考にしてください。

ポリストーンとは


人工石とも呼ばれるポリストーンは、樹脂に高い比率で石粉を合成した素材で、欧米では 美術品や立体像によく用いられ、硬化した重さ・質感はとても石に似ており堅牢です。
劣化等に強い反面、衝撃に弱い材質のため、お取扱いに注意する点がいくつかございます。注意点やポリストーンについての特徴を記載しておりますので、是非ご一読下さい。
精密な造形品ですので、輸送時の衝撃にも耐えうる落下テストを徹底して自社で行い、安心してお客様のお手元に届けられますよう当社では取り組んでいます。


① 高級感のある重さ
ポリストーンはPVC(プラスチック素材の一種)フィギュア等と比べ、ずっしりとした重みがあり、石像のような高級感のある重量を持つ材質です。

② 細かな造形が可能
高級な美術工芸品にも使われることのある材質であり、細かい造形表現に優れています。

③ 劣化にしくい
PVC製品は経年劣化が大きく、購入後 彩色の退色や形状の劣化が激しい一面があります。
ポリストーンは熱変形に強く、退色もしにくいため長くその美しさを保つことができます。
長期にわたり保存性、形状維持に優れています。

④ 再現性の高さ
ポリストーンはシリコーン型で作られており、型が柔らかくしなるため複雑な形状でも型抜きがしやすく、
細部の造形表現まで再現することができます。
PVC等は金型で作られるため、その固い型とかみ合うような形状の造形は取り外しが困難であるため、
細やかな造形の再現をする事が出来ません。
そのため、PVCフィギュア等とポリストーンフィギュアでは造形表現に大きな差が生まれます。

⑤ 他の材質と比べて高価である
ポリストーンはシリコーン型で作るため、複雑で細かい形状の再現が可能ですが、
反面、柔らかく何度も型抜きの作業を行っていると、金型とは違い、物によっては10個ほどの生産でシリコーン型が壊れてしまいます。
壊れたら再度一からシリコーン型を作り直すため、破損しにくい金型を使用するPVC製品等と比べて
生産コストが高くなり結果高価な製品となりますが、その分精度が高く、金型では再現できない製品を生産する事ができます。

金型の場合、シリコーン方と違い曲げ伸ばしなどが出来ないため、
複雑な造形・型とかみ合う造形だと型抜きが不可能である。そのため表現に大きな差が生まれる。


(株)謙信の圧倒的な生産技術

(株)謙信では他社には真似のできない造形美を制作、再現することが可能です。
それは20年以上に渡りフィギュア専業メーカーとして養ってきたノウハウと、フィギュアだけではなく
美術工芸品も生産する厳しい品質管理の中、各部門に採用から教育までを自社で行った15年以上のベテラン職人が揃うことで初めて実現できるのです。